« ありゃりゃ(舞-HiME#22話など) | トップページ | 舞-HiME#24話 コイ・ハ・タタカイ »

2005/03/14

舞-HiME#23話、他

例によってようやく見れた23話「愛情と友情、非情」。
今回は・・・
・碧ちゃん(想人:教授)
・雪乃ちゃん(想人:遥)
敗退(・・・そして合掌)。黒曜の間に墓標の如く聳える石柱。
負けた二人とも、キレた命、静留の敵ではなかったのか、実にあっさりとした戦闘でした。
巻き込まれ気味の教授はともかく(写真による表現はなかなか)、遥の一発は強力な印象を残した・・・んですが、
次の静留の顔でぶっとびました。怖い、巧海が消えたときの舞衣より怖いです。
あと、命の「チャイルド」は、どうやら黎人からの借り物のようですが、はてさて。

紫子サンは、エレメントで石上を撃つ・・・まぁ結局無傷なんですが、あれは訣別でしょうかね。
HiMEたちを戦いに引き込んだのは紫子の狂言だったと知り、教会に乗り込んできた舞衣に説教しつつ罠を仕掛ける紫子。
紫子の大切な人は石上?それともお腹の・・・。個人的には素直に石上に消えてほしいところですが。

有名な作家が、自分がホラー(ミステリーだったか)を書くなら、「前半で登場人物の日常や暮らし、家族や恋人を丹念に描き、読者に十分感情移入させた後、一人ずつ殺していく」・・・とか言っていたという話を読んだことがありますが、舞-HiMEはまさにそんな感じですね。

ここまで来たら、安易なハッピーエンドなんか要りません。リセットも勘弁。求めるものはカタルシス、行き着くところまで付き合いますよ。

さて、毎度RD-X5に録画した「ガンダムSEED Destiny#21話」・・・。見ようと思ったら録れてませんでした(泣)。
予約ミスったのかなぁ・・・。
いや、本編自体は議長もチェックしているらしいFLETSで見れたからいいんですが。
今回はラブコメ編つか色ボケ戦隊ミネルバつーか。まぁ艦長からしてアレですから仕方ないところですかね。
FLETSの「SEED120%」で脚本家たちにも言われてましたが、アスランはいい玩具にされてますね。
布団に潜り込んでたミーアに驚いてベッドから落ちるわ、慌ててズボン穿き掛けのところをルナマリアにチェックされるわ、むくれられてうろたえるわ、誤解を解こうとして逆に深めるわ。
特に夜には注意しないと、いつか刺されるか寝首を掻かれますね。

シンとステラの絡みですが、見たまんまですねぇ。強化の課程で色々あったのか、裸身に羞恥のないステラと純情なシンちゃん。「君を守る」「また会える」、戦場以外で素顔で見える日は来るのでしょうか。
Zのあたりからして「強化人間=死亡フラグ」みたいなところもありますし。
それはそうと、シン君はミネルバに帰還したら、クルーにからかわれる事必定ですね。頬の傷をどう説明したものやら。

最後、舞-HiME繋がりでサンライズのHP見たら、すでに新OPが準備されてるとか。すると西川さんは短命?やっぱグフ海苔だから?
まぁ、歌手としてはともかく声優としてはアレですから、本業大事ってことで・・・。

|

« ありゃりゃ(舞-HiME#22話など) | トップページ | 舞-HiME#24話 コイ・ハ・タタカイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/3291164

この記事へのトラックバック一覧です: 舞-HiME#23話、他:

« ありゃりゃ(舞-HiME#22話など) | トップページ | 舞-HiME#24話 コイ・ハ・タタカイ »