« 気まぐれ☆DIY | トップページ | 広島出張II~穴娘談義篇 »

2005/05/24

本棚1号完成、しかし・・・

P1000229ひと棹目完成・・・。でもちょっとイマイチかな。
天板取り付けのダボがきつく、ハンマーで叩いたり外したりしてたら、天板の裏など傷めてしまいました。
結局ダボを少し削って嵌め込み完成。これじゃシロートの奥さんやお父さんにはお勧めできない。

収納力ですが、奥の段は移動棚に干渉しないよう、文庫~少年コミック~ノベルサイズまで。青年コミックは入りません。棚板の高さ変えられるけど、意味無し。
前の移動棚は、本が前にはみ出すのを気にしなければ、大判コミックまでは入ります。これも棚板の高さ変えられるけど、あまり意味無いかな。

コレ組み立てる場合は、ドライバーだけでなく、ハンマー(ゴムハンマー)、ハンマー用当て木、切り出しのようなナイフかヤスリが必要。
これから読○ハロー通販に頼もうとしてる人、要注意です(いるのか?)。

|

« 気まぐれ☆DIY | トップページ | 広島出張II~穴娘談義篇 »

コメント

お、「もっけ」がある。
あんまり身近で話題にならないもんだから、なんとなく嬉しい。

組立工具、モデラー兼車orバイク乗りならなんら問題ないけど、普通の一般家庭だとこのくらいも揃ってないのかしらん。

投稿: 雪風 | 2005/05/25 21:54

「もっけ」はいいと思いますよ。
実家にいたときもそうだし、つい最近でも「ぺとぺとさん」に先に行ってもらったり。

妖怪とか里山とか、人間と自然(超自然)との接点が失われていくのは、マータイさんじゃないけど「もったいない」と思います。

水木さんほどおどろおどろしてなく、かわいい絵柄でそういう繫がりを描く貴重な漫画だと思います。

まぁおorz姉さんハァハァは否定はしませんが。

投稿: 少佐 | 2005/05/27 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/4255401

この記事へのトラックバック一覧です: 本棚1号完成、しかし・・・:

« 気まぐれ☆DIY | トップページ | 広島出張II~穴娘談義篇 »