« 今週の舞-乙HiME(第8話) | トップページ | 仙台日帰り »

2005/11/27

隼は舞い降りた

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/photojournal/archive/news/2005/11/26/20051126k0000e040060000c.html

なにやらマクリーンやヒギンズのような題名ですが(笑)。
はやぶさ再着陸&採取装置作動おめでとう!
あとは無事帰還とカプセルに岩石が入っているのを祈るだけ。

何がすごいって、500kgそこそこの機体に詰め込まれた冗長性。
米国製の姿勢制御装置が壊れても、大雑把な姿勢制御ジェットを操って、2度まで離着陸してみせた自律制御装置。

何百度かのイトカワ表面に30分いても壊れなかった主要部分。

一度は100キロも離れてしまったイトカワへ再挑戦できた推進剤の余裕。

ホントはぎりぎりだったのかもしれないけど、一つの故障が致命的な結果に終わってたのをずっと見てきたから、すごく新鮮でした。

で、予算127億円・・・話題の欠陥マンション1-2棟分ってとこですかね。
JAXAもよくやります。もうちょっと予算つけてもいいような気がしますがねぇ。

|

« 今週の舞-乙HiME(第8話) | トップページ | 仙台日帰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/7335257

この記事へのトラックバック一覧です: 隼は舞い降りた:

« 今週の舞-乙HiME(第8話) | トップページ | 仙台日帰り »