« エターナル vs ハイペリオン | トップページ | ちょっと泣きたいなと »

2006/01/13

今週の舞-乙HiME(第14話)

というわけで、舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」の内容と感想など。
なんかピンクレディーの「SOS」を髣髴させるサブタイトルですが、狙ってるんだろうなぁ。
ちなみにリアルで聴いてた世代ですごめんなさい。まぁどっちかというと鶴光師匠のカバー版を(違う、よく聴いていたクチですが。
・・・そんなことはどうでもいいですね。

さて、先週以来恋の病でいささか惚け気味のアリカですが、例の国境紛争もどこ吹く風で、当事者のミーアを激昂させてしまいます。
気にしなくてもいいというエルスティンとイリーナですが、ニナは「今のはアリカが悪い」とピシリと指摘。
しかしその後「いつも変だけど最近は特に変、何かあったの?」と身も蓋もない言い方ですが心配しています。いい娘ですね。ただ、アリカは答えられるはずもなく。
arika_houkenina_shiteki
 
 
 
 
霊廟前で悩むアリカを慰めるエルスティン。恋と夢、どちらも叶えたアリカの母?(いまんとこ)レナの話をし、自分の心を確かめるよう励まします。
els_houyouels_maji01els_maji02
 
 
 
 
いや、エルスティンがここまでストーリーを回す重要なキャラになるとは。最初はただの巨乳要員(笑)だとばかり思ってたんですが。

アリカの帰りが遅いのを心配するニナ。すっかりツンデレ、というかキャラ丸くなったなぁ。
ニナの義父への想いを知りつつも、アリカを焚き付けちゃったことを心の中で謝りながら、エルスティンはニナに甘え襲いかかるのでした(違。
危うしニナ。これが今日のタイトルだったんですね(これも違。
els_x_nina
 
 
 
 
で、ここで終わればいい話だったんですが、霊廟前でアリカとエルスティンの話を立ち聞きしていたトモエ様(なぜか様付け)、思わずニヤリ。そしてアリカの行く先を知り、ミーアにちょっとした「お願い」をするトモエ様。黒すぎで最高(ファンです)。
tomoe_grinmia_x_tomoe
 
 
 
 
エルスティンに励まされ、セルゲイの元へ向かうアリカを待ち受ける卑劣な罠。迫る(いろいろとヤバイ)危機。
ていうか同人誌展開?(笑)。
arika_pinchi01arika_pinchi02
 
 
 
 
まぁ、引き立て役ご苦労、と言ってあげましょうかね。

何はともあれ、ようやくサブタイトルどおりの状況になったところで以下次週!
・・・ひき強すぎ。

他の重要エピソードとしては、
・国境紛争の原因はスレイブ(シュバルツ)による襲撃。黒幕はナギ。
・スレイブは強化されており、より”チャイルド”に近くなっている。
・「蒼天の青玉」は王女が避難した時もたされており、即ちそれを持つものが真の女王。

ああ、そういえば久々にMIYU出てきましたね。かっこいい。
miyu_keikoku

|

« エターナル vs ハイペリオン | トップページ | ちょっと泣きたいなと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/8141209

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の舞-乙HiME(第14話):

» 舞-乙HiME #14 「オトメのS・O・S」 (キャプ感想) [ツクツクボウシがなく頃に]
アッーーーーーーーー! 僕のエルスちんに何てことするんだアリカッ!! セルゲイに恋してて上の空だったって? し、しょうがないわね許してあげるわよ [続きを読む]

受信: 2006/01/13 19:06

» 舞-乙HiME 第14話 「オトメのS・O・S」 [Kimiteru's Blog]
舞-乙HiME第14話 周りは乙HiME同士の戦いによって揺れながらも、アリカの中では恋の問題でイッパイイッパイ。 なので不用意な発言も。 敏感に反応を示すミーヤの声の人があまり上手くないのは残念だ。 凹むアリカはエロスちゃんに慰められつつ蒼天の青玉の話に。 その傍らで企むトモエ。 やっぱ蒼天の青玉が目的なのかな? ナギのもっと壮大な企みもいよいよ成就か。 ってこっちの方は目的見えてないですけど。 そしてついにアリカが本当の姫だと言うことが明らかに。 そんなアリカはトモエ... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 19:13

» 舞-乙HiME  第14話『オトメのS・O・S』 [モノラルの奇妙な1日]
今週はハルカが大活躍!ってワケではない。残念ながら… [続きを読む]

受信: 2006/01/13 19:30

» 『オトメのS・O・S』 [心は永遠の♂中学生〜そんな腐女子〜]
うわぁー、鬱はいってきたよー! 梶浦由記最高だよー!! 恋に目覚め、悩むアリカ。 舞-HiMEの時といい諸悪の根源は『恋心』ww いや・・セルゲイ(楯)が悪いのかww 舞-乙HiME 1矢立肇 菊地美香 小清水亜美 バンダイビジュアル 2006-01-27売り上げランキング : Am...... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 21:18

» 衝撃!!オトメ同士の戦闘!?「舞-乙HiME」14話感想&あらすじ [二次色ブログinアニメらいふ]
前回、マイスター同士の戦闘を目撃という大事件で終わった『舞-乙HiME』…続きを気にして1週間…『舞-乙HiME』13話のあらすじと感想です!!→今までの感想←あらすじ14話「オトメのS.O.S」ロムルスとレムスの国境で起きたマイスター同士の戦闘で緊張が恥じる国々…両国とも...... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 21:42

» 舞-乙HiME 第14話 「オトメのS・O・S」 感想 [仕様ですにゃ]
先週のラストで起こったオトメ同士の戦い。 その影響はガルデローベに在籍しているヤヨイとミーヤの仲にも悪影響が。 以前戦争なんて起こさせないって言っていたアリカもセルゲ [続きを読む]

受信: 2006/01/13 22:18

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」 [ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜]
ついに来たか、超欝展開・・・。 2クール目に突入し、舞-乙HiMEも段々とシリアス路線に向かいつつありますね。 てか、アリカの貞操の危機なんてのは一番見たくなかった展開ですよ・・・。 舞-乙HiME 2 (2)吉野 弘幸 樋口 達人 佐藤 健悦 秋田書店 2006-01-10売り上げラン...... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 22:44

» 舞乙ーHIME 第14話「オトメのS・O・S」(完成) [空の空]
やっぱり一言だけ言っておく・・・                                                                                                                  ... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 01:42

» 舞-乙HiME #14 「オトメのS・O・S」 [師匠の不定期日記]
最近、キャプ感想とかぬかしつつ、書く事は感想よりあらすじ寄りになっている自分が憎憎しいですコンバンワ。でもやめられません。深夜に舞乙キャプ消化してから寝るぜってことでさっ [続きを読む]

受信: 2006/01/14 03:01

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」 [ボーダーライン]
お化粧の授業らしいのだが、恋の病で腑抜けになってるアリカはなんかとんでもないことをしてる様子。イリーナが後ろでかなり慌ててますが一体どうなってるのか…?w さて、本編の方はなんだかとんでもないことになってきました。 最終回までの伏線が全部張られたんじゃ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 09:06

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」 [はい、どーも。]
「鬱展開 見ててつらいが おもしろい」 謎に川柳スタート。徹夜明けで頭が重いんです。 それでも休止前ラスト。ちぇすとーーー。 はい、こちら舞-乙HiME設定考察委員会です。(嘘) なんか最初に書いた予想が結構あたってるっぽいですよ。 ... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 18:14

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」投稿者:たまら [〜腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ〜]
エルスたんも百合ですか?◇アリカ「えー、うちのママって超有名人だったの?」オトメ同士の戦闘を軽〜く流して、人の心をズバっと踏んでしまうほど、今のアリカの頭はセルゲイでいっぱいの様子。個人的に、アリカは姫と見せかけて違うような気がするんですが・・・どうなん....... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 20:08

» 舞-乙HiME 第14話「オトメのS・O・S」 [ハンター日記]
ロムルスとレムルスのオトメが激突したというニュースに緊迫する雰囲気の教室。 でも、アリカは恋の悩みでそれどころではありません。 そこでそんなアリカを慰めてあげたのがエルスティン。 相変わらず気の回るイイ子です。 また化粧の授業でお化けにされたらたまりま....... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 20:46

» 舞-乙HiME 第14話 [蒼天にかかる橋]
アリカ恋煩い進行中! エルスの助言もあり少し、らしさが戻ってきた・・・のかな? でも、最後に乙女最大(?)の危機が オトメ同士の戦い、ナギとスミスの思惑など、きな臭さが 漂ってきた感があるよ。 ☆アバン☆ オトメ同士の戦闘が発生。 審議会も紛糾している模様。 ☆Aパート☆ 教室の話題はオトメ同士の戦闘に集中。 しかし、アリカは気もそぞろで、メイクもできてません。 (エルスの顔がすんごいこ�... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 21:47

» 舞-乙HiME 第14話 『オトメのS・O・S』 [ティンカーベルをください]
まさかアリカが…?! 今週からは常に心の準備をして視聴に臨むと決めてます。こんばんは。 前作・舞-HiMEの後半は泣きながら見たので…; オトメ同士の戦闘。 恋。 アリカやマシ [続きを読む]

受信: 2006/01/14 23:36

» 舞-乙HiME「オトメのS・O・S」感想 [ここには全てがあり、おそらく何もない]
【10秒で分かる、今日の『まいおとめ』】 噂ガルデローペを駆ける 会議は踊る、されど進まず 注意せよ、五柱の者よ チャイルドが、その姿を仄かに見せる レナ伝説、真実解明編 アリカバッドEDまっしぐら ういうい、んでは「舞-乙HiME」を見ての感想なんかをしり...... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 23:54

» 舞−乙Hime第14話・「オトメのS・O・S」を見て [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 今回は、いよいよ真の女王の謎に踏み込んだアリカと、その野望をむき出しにしつつあるナギ、周辺諸国の企み…様々な要因が動きつつあるお話。  物語も後半へ入り、いよいよ待った無しの状況へとブン投げられた感じのアリカ。自らの恋に果てしない不安を感じたのも束の間、前々から持ち上がっていた「アリカ自身が本当の王女」まで現実味を帯びて、終いにゃオトメの資格喪失→男性染色体強制注入のピンチ!!ハァハァ、忙しすぎてついて行けませ... [続きを読む]

受信: 2006/01/15 14:42

» 舞-乙HiME第14話「オトメのS.O.S」感想~ [アニメanimeANIME中心]
アカネの騒動から早1週間w 1クールの学園内での話から、2クールに入って世界各国を舞台とする話が始まりそうです。 [続きを読む]

受信: 2006/01/15 19:37

» 舞-乙HiME #14「オトメのS・O・S」感想 [endlessspace-無限空間]
感想 とある国同士の戦いから一気に物語が加速していく 嵐の前の静けさみたいな回だった。 前作「舞-HiME」も中盤から急に鬱展開になったので なんとなく覚悟はしてたけど。 ナギの思惑、トモエの不気味な笑い、アリカの過去・・・ 伏線がてんこ盛りでした。 百合んな展開キタ━━━(゚∀゚)━━━ もう甘えまくれっ! あとアリカ貞操の危機ですね(;゚∀゚)=3 テレ東じゃまず無理だけどね。期待してません。 記事書いてる途中に寝オチしちゃっ... [続きを読む]

受信: 2006/01/17 18:25

» (アニメ感想) 舞-乙HiME 第14話 「オトメのS・O・S」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
舞-乙HiME 2 前回、いよいよ乙女同士の衝突があったというところで終わりましたがいよいよ始まるのでしょうか?鬱展開が・・・。もう少し、アリカのオバカっぷりを見ていたかったのですけどね。まあ、前作は終盤は激しく鬱だったので今回はもうちょっと明るい展開でもいい...... [続きを読む]

受信: 2006/01/17 22:48

» 舞-乙Hime 第14話 [オヤジもハマる☆現代アニメ]
サブタイトル「オトメのS・O・S」   ナギの画策とアリカの秘密...  セルゲイは次々にカギを握ってゆく。   舞-乙HiME 2  以下詳細  *********** [続きを読む]

受信: 2006/01/19 08:25

» 舞-乙HIME 第14話『オトメのS・O・S』 [空にいる少女をさがして 〜the 1000th summer〜]
こんばんわ、 お待たせしました舞乙第14話のレビュです。 今回は思い切って確信に迫りましたね。 それではいってみましょう♪ ロムルスとレムスの国境付近でのオトメ同士の戦い。 これは半世紀ぶりの戦いになるという。 両国の言い分は「そっちが仕掛けてきたんでしょ」との事。 これにはナツキも困り顔。 平和の歯車が軋みだしているようです・・・ ほんといつまで引っ張っているんだか。 アリカは相変わらずです。 そんなんだから、「国(オトメ)同士の戦いを喧嘩みたいなもの」なんて言ってしまうんです。 ニナの言う... [続きを読む]

受信: 2006/01/20 12:48

« エターナル vs ハイペリオン | トップページ | ちょっと泣きたいなと »