« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/26

サークルカット狂想曲

さて、例によって夏コミ申し込みの〆切が迫ってまいりました。
というか去年までであれば2月上旬で終わっていたはずなんですが、今年からはweb申し込みも可能、しかも〆切が郵送より余裕がある(参加費支払いは約1週間、カットなどは約2週間)。

ならばとwebで申し込んだわけですが、仕事に仕事が重なって、結局さっきまで何も出来ず。
なんとかでっち上げて漸く申し込み完了です(現在〆切1時間前)。

今回は手描き>スキャン>編集>アップロードという手順を考えていたわけでして、手描きまではなんとか・・・。

ところがうちのスキャナ・FAX・プリンタ複合機が8月に引き続き突然不調に(苦笑)。
サッパリ読んでくれず大弱り。
メーカーからドライバ落としたり、線を外したり繋いだり、再起動したりを繰り返してもダメで、通信・画像処理用PCをあきらめて、ゲーム用PCからなんとか読み込み成功。

次に編集しようとしたところ、うちにあるPainterの5、5.5、6、7、8が、いずれもエラーで立ち上がりません(苦笑)。
再インストールもしてみたんですが症状同じ。
Ver.8に至っては、インストールディスクが引越しで行方不明(泣)、再インスコ不可。
Photoshopもあるけど、ペンとか使いにくいんですよね。

仕方なく検索してPainterのサイトに行くと、PainterIXが、ちょうど2月24日発売ではないですか。
しかし、アップグレード版のダウンロード販売がない。いまからパッケージ通販頼んでも間に合わない(笑)。

そこでトップページに戻ると、「ダウンロード体験版60日無料・機能制限なし」の文字が!
さくっと落としてそそくさとインスコすると、なぜかきちんと動いたので漸く編集できました・・・。
PainterIX体験版(機能は正式版と同じらしいですが)、使ってみたら昔風のPainterみたいで中々良かったですよ。正式版注文しようっと。

なにはさておき、〆切に間に合ってよかった。
仮カットだとサークル名しか入れてなかったしなぁ。
もっとも、それもシンプルでいいかも、などと戯言を吐く自分がいましたよ(笑)。

あ、コミケのweb申し込みの利点が日程以外にもう一つ。
「落選したらまた次にそのまま使えるwww」

いや落ちたくはないんですが。
els_cut004m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/24

今週の舞-乙HiME(第20話)

今週の舞-乙HiME(第20話)「ニーナと呼ばないで」の感想など。
今回も誰も退場しなかった・・・。退場者予備軍はいろいろと出ましたが。

ジャバルの腹の中で自閉モード全開のアリカ。
そのアリカに認証(キス)させろと襲い掛かるマシロ。
「よいではないか」って(笑)。
arika_ochikomiyoidehanaikaarika_mashiro
 
 
 
ここから出たい。犠牲になった者(アオイ)のためにも生きねばならないのだ、と。
そのうち、ジャバルの消化が始まり、乳繰り言い合っている場合じゃなくなって認証、脱出。
・・・この辺り、あっさりというか盛り上がりに欠けるというか。「悩んでいたのが馬鹿みたい」って。

ジャバルの外に飛び出した2人の前には、ミドリらをカルデアに誘い出された隙を突かれた黒き谷の村。
アリカは、村を炎上させ、REMのデータを奪ったフィア・グロスに詰め寄りますが、一蹴。まだまだですね。
fia2fia1
 
 
 

それにしても、フィアさんのローブは背中と前が大きく開いていてせくすぃでよろしいどすな<見るところが違う。

戻ってきたミドリの統率の元、救助活動に奔走するアリカとマシロ。
マシロは、ミドリの統率力に感じるところがあった模様。再起のきっかけになるか?
村を襲い炎上させたのも、救助したのもオトメ。オトメとはなんなのか。
アリカは、ミドリに「オトメは力、良いも悪いもない。ただ何かをなすため、生きるためには力が必要だ」と諭されます。

ジャバルの腹の中であっさりオトメに戻ってしまったことが、ここに繋がるわけで、大した構成です。
アリカも吹っ切れるか?まぁ、あまりにも能天気に戻っちゃって、OPのようにスレイブ(=ロード)大虐殺かまされるのも、興ざめではあるのですが。

今週のトモエ様ですが、一派を引き連れ、セルゲイの募集に応じてワルキューレ(レナのオトメ)に志願。その権力でシズルを牢獄から救出し、貴賓室に軟禁(ぉぃ。
ナツキがすでに逮捕されたと告げ、その解放を餌にシズルに関係を迫るトモエ様。相変わらず黒いですが、行動原理がシズルお姉さまラブのため、憎めません。
tomoe_kiss
 
 
 
もっとも、シズルは役者が違いますから、その辺見抜いて利用してる感じですが。
そして衣擦れ(笑)。芸細・・・ってかやりすぎwww。

当のナツキは、エアリーズに連行されたはいいんですが、「はいてない疑惑」写真をハルカに笑われるは、ガルデローベ奪還への協力要請を袖にされるはで散々です。ヘタレループからは当分ぬけられそうにありません(笑)。

haitenaiharuka_warai

 
 
 
 
チエは、ユキノ大統領に手紙で断りをいれ、潜入工作をやるようですね。不幸な結末にならないといいんですが。
つか先週送ったその手紙は、検閲とか受けなかったんだろうか?

ニナですが、「孤児や子供を誘拐して暗殺者に仕立てる」組織からセルゲイに救出されたことが判明。
しかし、お父様にとって、自分はずっとあの頃のまま。もっと今の自分を見て欲しい・・・。切ないですね。
その回想シーンで、あからさまにさりげなく見覚えのある「おくるみ」カプセルが。
ラスト、ハルモニウムがニナにも反応。ニナの素性にもまだ謎がありそうです。

 ハルモニウム反応:アリカ(マシロ)、ニナ(ナギ)
 蒼天の青玉所持:アリカ
 カプセル:ニナ
 子守唄:アリカ、ニナ、マシロ

アルタイの第一公子擁立派の残党であったらしい「暗殺者養成組織」が大臣、もしかしたら、ばっちゃと関係していた可能性もあるし、この辺はさっぱり読めませんね。

次回は「ミコトの影」とニナの戦闘が見所でしょうか。楽しみです。
mikoto

| | コメント (2)

2006/02/20

ワンダーフェスティバル2006winter

11時ごろ入場したので大抵のは完売。
で、今回唯一買った完成品はこれ。
P1000082m
 
 
 
 
 
 
 
他にはドール用蓮見制服白稜柊制服とかキットをちょっとだけ購入。
リードつき首輪とかありましたが、あまりに人としてどうかと思ったので購入せず。

昼過ぎ、いちろーたさん、雪風さんに挨拶して、秋葉へ転進。
techangさんもいらしたようなんだけど、スペース忘れて挨拶いけず。

続きを読む "ワンダーフェスティバル2006winter"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/17

今週の舞-乙HiME(第19話)

それでは、今週の舞-乙HiME(第19話)「宿命の17歳(^^;)」の感想など。

今回は伏線回収がメインでしたか。
15年前の襲撃の顛末なども(だいたい)明らかになったようです。
シュバルツの干渉波発生器の中から出てきたのは、やはりレナのようですね。
ラドはきっちり斃したと言ってましたが・・・。

シュバルツに奪われた、母となったオトメ(レナ)の亡骸から作られるGEM。
こうなるとOPで出てきているレナの姿も意味深ではあります。

「えいえんのじゅうななさい」については突っ込まないでおきましょうか。危険が危ないから。紫子先生もそういってるしな。


警備兵にワイロを渡し、独房にシズルを訪ねるトモエ様。
イロイロ勘違いしてるっぽいとところがステッキーですね。独房に駆け寄る仕草とのギャップもカワイイ。
wairo
 
 
 
 
マシロ、アリカの再会は早すぎる気もしますが、そうしないと話が進まないし、あと7話しかないからなぁ。
アリカは、エルスティンの死やニナとの闘いのせいでヘタレ中ですが、コレは恒例ってことでいいのかな。
いきなり猛獣(ジャバル)の腹の中ですが。
arika_hetarefalldown
 
 
 
しかし、今回のヘタレNo.1はやはりこの方。
hichihike01hichihike02hichihike03
 
 
 
 
・・・紫ですね。
またしてもヒッチハイクで大失敗(ナオ、ナイスアシスト)。
しかし、猥褻物陳列に風紀紊乱で逮捕って(笑)。

来週は、カルデア王とフィア・グロスの動きに注目ですか。
アリカとマシロの立ち直りにも。
マイスター?となったらしいトモエ様の活躍にも期待(笑)。

| | コメント (0)

2006/02/10

今週の舞-乙HiME(第18話)

それでは、今週の舞-乙HiME(第18話)「ホワイトアウト」の感想など。

今回は作画がえらく安定かつハイクオリティでびっくり。
それよりもマシロの境遇がシャレにならなくなっててびっくり。
mashiro
 
 
 
 
蒼天の青玉と、漆黒の金剛石の力を無制限に解放したらしい、あの大爆発から、各人はなんとか生還できた模様ですが、みな離れ離れに。
ground_zero
 
 
 
 
さて、3日後。
爆心地はぐちゃぐちゃですが、ナギとニナは風華宮で健在。へたれセルゲイは負傷し療養中。
心中ぐちゃぐちゃですが、セルゲイの前で気丈に振舞おうとするニナちゃん可哀想過ぎ。

ナギの政策により、貧民を中心とした難民を国外に追放。ミミはこの中に。
マシロは、ナギが掌握した国軍に追われる身となり、難民に紛れて逃亡中。
アリカは・・・、まぁマシロが生きてるんだから生きてるか(投槍。

ナツキとナオはヤマダに助けられ、荒野で野営中。
ナオとヤマダにヘビの黒焼きを勧められて、蒼褪めるナツキ(笑)。
マシロとアリカの話をしているところへ、MIYU乱入。
MIYUは、アリカの消息不明を聞いて何処かへと去りますが・・・。
MIYUの正式名称、聞き取れたけどよくわからん(笑)。

難民に紛れたマシロ、身分を偽りミミの世話になりながらも、皆の恨みが自分に集中していることにたじろぎ、いままで顧みなかった民のやさしさに触れて涙を流しますが、そんなくらいでは終わらせないのが舞-乙HiMEクオリティ(ぉぃ。
mimizumeshi
 
 
 
 
他のグループに紛れていたアオイの正体がばれ、難民たちの悪意(というとアレですが)を一身に浴びることに。
崖っ淵に追い詰められたアオイを救おうと、前に出ようとするマシロですが、恐怖で体が動かない・・・。
難民たちはアオイに、女王の居場所を教えれば助けてやると言われますが、マシロを難民の中に認めたアオイは、「知らない、知っていても、教えない」と宣言し、莞爾として自ら崖下へ・・・。
mashiro_nakiaoi
 
 
 
 
難民たちの境遇もシャレにならないので、マシロや宮廷女官たるアオイへ向けられる感情もわからなくもないですが、やるせない話です。

結果的にアオイを犠牲にしてしまったマシロは、難民グループを離れ、荒野にさまよい出て生死不明。
ま、どうやらアスワドに拾われたらしいアリカが生きてるんだから生きてるか(投槍。

来週は、ミドリちゃんじゅうななさいが活躍?するのかな。
エアリーズ、そしてアルタイに先を越されたカルデアの思惑は。
tsukemonoishihage
 
 
 
今後の展開が楽しみです(マゾ的に)。

| | コメント (2) | トラックバック (28)

2006/02/09

湯けむり撮影紀行@湯布院

などと書くと、なんか盗撮AVっぽくてアレですが。

6日(月)、7日(火)と一泊二日で、プラパテコートの人と湯布院の超高級温泉旅館に湯治に行って来ました。
月曜、プラパテ邸を出るときは、雪が数センチ積もるくらい降って来て、正直びびりましたが、途中で寒気も緩み、無事到着。

たかが一泊旅行にもかかわらず、二人ともゴツイ旅行カバン携行で、旅館の人もビックリですよ。
なにせ、カメラ2台、三脚2台、途中で買ったのも入れてクリップ式スポットライト2台入ってましたからね。
なんか気合入ってませんか?<俺ら。
クリップライト付属のレフランプの色温度が2700Kと低いため、途中で買った白色蛍光ランプに入れ替えるくらいの気の入れようですよ。

温泉の入り方をいろいろと間違ってるような気もしますが。

さて、途中の雄大な大自然です。阿蘇山(見えてないけど)やその裾野に広がる牧草地。
keshiki01keshiki02keshiki03
 
 
 
でも、着いた早々撮ったのは、ダブル真紅様とことり。
doubleshinkukotori01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌朝おきて撮ったのも、窓から覗く雄大な自然・・・じゃなくて着座して寛ぐ真紅様。
shinku_isu01shinku_isu02
 
 
 
 
 
 
 
さやか。ダブルさやか。そして、ことさや。
sayakadouble_sayakakotori_sayaka
 
 
 
 
 
 
  
 
 
・・・言い訳はしません。
つい4週間前までは、1体も持っていなかったんです。今や誰も信じてくれないでしょうが。
堕ちるときはあっという間ですね。

これはきっと、雪で来れなかった蝦夷の人の陰謀です。間違いない・・・プラ氏も書いてるし。
そして、だす☆らいひさんが背中を押してくれたお陰。感謝してますよ。ええ。

ちなみに、撮影時以外は、使わないクロゼットにお隠れになって頂きました。
syuugou
 
 
 
 
 
  
 
結局これが、唯一の集合写真に(苦笑)。
ちなみにもう1個のさやか頭部ヘッドは・・・どこだっけ?

最初は服も換えて、もっとバシバシ撮りまくろうと思っていたんですが、温泉に6回も入って美味しい物食べてビール飲んでコタツに入ってたら、もう満足しちゃってサッパリ写真撮らずに時間切れちゃいました。
温泉の保温効果とコタツの魔力に敗退。お陰であちこち(腰から下)調子よくなりましたが。

あと、月曜火曜と、空いていると思われる時期のはずだったんですが、結構お客さんがいて、残念ながら屋外ロケには挑戦出来ませんでした。
いや、お客さんがいなかったからって、やったかどうかはアレですが。
まだ俺ら人間として大事なものは捨ててないですし。

そうそう、レフランプから蛍光ランプに替えて、色は良くなったんですが光量が不足気味。
アルミテープなどで反射に工夫しないとね(<懲りてない)

| | コメント (5)

2006/02/08

今日は疲れたので

記事更新はお休みです。
いや、ネタ(笑)はたくさんあるんですが。

温泉帰り、だらーっとして、ドールをトランクから出したところで寝てしまいました。
せっかく温泉でリフレッシュしたんですが、明日から仕事もしたくありませんよ?<本末転倒

というわけで、ネタの開陳は明日ということで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

豊後牛@湯布院

というわけで、いま湯布院温泉の旅館で、温泉浸かって美味しいもの食って寛いでいます。
で、いま見てるのが「英語でしゃべらnight」
館ひろしカッコいいなぁ。

それはさておき、今日の夕食は食いきれないほどの山海の珍味で大満足でした。
豊後牛サイコー。
P1000018mP1000019m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、もう一風呂。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/05

ダブル真紅@九州

というわけで、温泉に行くついでにプラパテ氏宅に寄ったわけですが、合わせで写真を撮りたいので真紅を持ってこいと言われ、仕方なくSD1体、DD1体、DDのアタマ1個持って、関東からはるばる海を越えることに。

某所にすでに上がっていますが、真紅のツーショット。
P1000007
 
 
 
 
 
 
 
あと、せっかくの休日?なので、ドールアイの交換をしました。
(以下、人によってはグロ画像注意)
髪の毛を下ろして、頭蓋をあけ、ドライヤーで加熱しつつボンドを除去。
眼球を摘出します。
P1000008

 
 
 
 
で、新アイ(ディープアクア)を移植。
包帯を取ると「指が1本、2本。先生・・・見えます!」
移植成功。
P1000009P1000010

 
 
 
 
大きさを18mmから20mmに変更し、虹彩も原作どおりっぽい青に。
とはいえちょっと青すぎか。もう少し黒というか紫がほしいところでした。
明るさちょうどはいいんですがね。
あと、虹彩のパターンが単純な網目調なのが。もうちょっと放射状でリアルっぽいといいんだけどなぁ。

続きを読む "ダブル真紅@九州"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/03

今週の舞-乙HiME(第17話)

それでは、今週の舞-乙HiME 第17話「蒼の舞/想い、散るとき」の感想など。
今回は・・・
・スレイブ大量侵攻と、アルタイ公国軍によるヴィント・ブルーム解放(占領)。
・マシロ陛下は逃亡、行方不明。
・ガルデローベ、五柱及び全学生ローブ着用で戦闘配置
・ナツキ、マテリアライズ初公開。
・ガルデローベ、アスワドと小競り合い。
・シュバルツの強力な干渉波により五柱及び学生全員ローブ解除される。
・シュバルツ、ガルデローベを占拠。
・五柱のうち、ナオ、学園長は逃亡、行方不明。
・アリカの「蒼天の青玉」再着用。
・刺繍入りハンカチ暴露、紫のバラの人おじさまの正体バレる。
・ニナ嫉妬で逆上、大暴走。
・ニナの「漆黒の金剛石」着用と、ナギとの契約。
・アリカ・ニナの両マイスターオトメ、ヴィント・ブルーム郊外にて激突。
arika_totsugekinina_totsugeki
 
 
 
・余波により大爆発発生、周囲は大迷惑。
daibakuhatsu
 
 
 
など盛りだくさんでございましたが・・・

やっぱエルスティン追悼ですかねぇ、今回は。
(「俺の嫁がー」というベタなボケはおいといて)

冒頭で、手の平の何かを覗き込んでるしぐさで、「あ、こりゃダメだな」と覚悟できていたので、最後まで安心して見ていられました<なにがだ(苦笑)。
els_ishi
 
 
 

ホー家は、代々シュバルツのシンパだったと。
いまこそ信仰を示すとき。スレイブも召還できます。これも教育(洗脳)の成果?
他のスレイブロードの人たちもそうなんでしょうかね。根は深そうです。
els_syoukanels_slave

 
 
 
 
 
 
 
結局、ニナの斬撃からアリカをかばって、エルスティンは、「うれし、かったの・・・友達、だから、あたし・・・」と言い残して、消えていきました。
els_vanisshing
 
 
 
 
これ以外にない、いい見せ場ではあったんですが、アリカとニナはいよいよのっぴきならないところへ追い込まれた感じです。
単なるウォン少佐の取り合いだけでなく、互いに「親友を殺した、犠牲にした」という関係になってしまったわけで。これからの展開に、より説得力が出る。

最後に今回は、作画がイマイチ安定していなかったように感じられたのが、残念でした。
アリカとニナの怒りの演技とかはアレでいいと思うんですが・・・。

なにはさておき、彼女は様々な重要な役を見事に果たし終えました。
どうか安らかに、エルスティン。前作と違って、消えたらもう出てこないでよさそうですし。
els_iei
 
 
 
 
 
 
 
 :
 :
 : 
3作目がもしあったら、幸せになれるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (33)

2006/02/01

デジカメ更新<DMC-LX1-S>

デジカメを、3年ほど前から使用しているLUMIX DMC-FX1-S(銀)から、同じPanasonicのLUMIX DMC-LX1-S(銀)に更新しました。
CATMODEさんが使ってるのと同じかな。
撮影モードにもう少し自由が欲しかったので、バッテリがほぼ死亡したのを機会に新調しました。
要は静物用に、絞り優先モードが欲しかったのでした。
P1000641m
 
 
 
で、会社帰りにヨドバシに行ったら、ポイント13%しか提示されていなかったんですが、
「WEB通販だと23%ついてるはずだよー」
とゴネたところ、
WEB上のキャンペーン価格に値引きし、さらに10%分値引いた後で、13%ポイントつけてくれました。
実質キャンペーン価格-ポイント23%。言ってみるもんだな。

というわけで、浮いた金とポイントで、安物だけど軽量な三脚と純正予備バッテリ購入。
あと1GのSDカードを購入。
あ、キャリングケース(カバー)買うの忘れた(笑)。誰かいいのあったら教えて。

ゆくゆくはコンパクトだけでなくデジ1眼タイプも持ちたいんですが、とりあえずE330あたりを待とうかなと考えてます。
なんつーかホレ、ハイ・ローミックスってヤツ?(<カコイイ)
LX1で十分な気もするけども。


続きを読む "デジカメ更新<DMC-LX1-S>"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »