« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

今週の舞-乙HiME(最終話)「Dream☆Wing~夢の在処~」

今週の舞-乙HiME(第26話)「Dream☆Wing~夢の在処~」の感想などを。25話はこちら。

前作のような巻戻しもなく(まきまきはありましたが)、すっきりした終わり方だったと。
四方八方ハッピーエンドで、まぁよかった。
ラスボス(笑)と、アリカの戦闘は、もっと充実させても良かったかなぁ。
最後のほう、「ニナ・・・君はどこへ落ちたい?」などというフレーズが頭に浮かんだ人は歳がばれますな。

さて、前作に引き続き、物語のキーとして発動のミユ。
風華学園の跡地のような場所に、オーファンのガードを排除して侵入。
MiyuHimeboshi
 
 
 
 
アリッサの遺言に従い、媛星を発動させて、すべてのオトメの制約を解除。
ガルデローベの生徒を含むすべてのオトメが、ハルモニウムを押しとどめるところなど、さながら逆シャアといったところでしょうか(笑)。ああ、こんなところにも年齢トラップが。

とりあえず、コーラルはおしり要員(笑)。
Oshiri
 
 
 
 
さしあたり、ニナの貞操は守られていたようで(笑)
つかセルゲイ、その落ち込みようは何。
Dekinakatta
 
 
 
 
ついでに、アカネちゃんのも(笑)。駆け落ち騒動は、済んでのところで捕獲されたあげくカズ君とアカネが契約を結んだおかげでカタは着いたようですが・・・会話の、
「アカネ、ってあんたまだ処女なの?」「あたし、納得してません!」
「絶~対、エッチさせない♪」「絶対あきらめないわ!」「なんだかねー」
失礼な話だwAkanetouzyouAkane_iklariAtamaitai
 
 
 
 
さらについでにミス・マリア・・・てか、みんな失礼だな(笑)。
MariaSagida
 
 
 

セルゲイの時を止めるため、ハルモニウム起動中のニナを止めようと、風華宮地下に進入するアリカとマシロ。
ハルモニウムは長いこと演奏してるとヤバイらしいです。
ラストは結局、オトメ同士の戦いに。
Nina_kamaeArika_atack01Tsubazeriai
 
 
 
 
戦いのさなか、アリカは「どんなムチャな夢でも信じれば叶う、ううん、叶うと信じて進まなければ、なにも起こらない!」と叩きつけ、
ひるむニナに、「間違えたら、また考えてやり直せばいい」と説得。
Arika_ninaNina_uruUru_arikaAkusyu_1
 
 
 
 
一度は説得に成功したのですが、同時にハルモニウムが暴走開始。
ニナを乗っ取り世界を滅ぼす力を発動させ、アリカを圧倒。
しかし、叶わぬまでもハルモニウムを止めようとあきらめないマシロの意思がアリカに伝わり、蒼天の青玉の真の力で、ニナを止めることに成功。
Nina_haruArika_ketuiZangeki
 
 
 
 

んで、冒頭の「どこに落ちたい?」(違)に。
HutariDokohe
 
 
 
 
マシロはかねて予定のヒマワリ城を落成させ、国民と来賓に新たな国づくりを誓う。
マシロが生きてるんだから、やはりアリカは助かっていたようで、城の落成に協力(ズッコケ)してましたが、上半身のローブが一部ピンクに戻ってました。
まだ発展途上なんでしょうね。イロイロと。

さて、2人は共に、夢に向かって歩き始めるわけですが。
Arika_mashiro
 
 
 
ここでアリカが「見ててね、エルスちゃん、ニナちゃん」とかいうもんだから、てっきり死んだかと思ってたんですが(苦笑)
エンディング終了後・・・。
人里離れた古城で、セルゲイ、頭の傷から復活するも、記憶を失っているご様子。
ここで「また恋が出来る」などというフレーズが浮かんだのはまた歳(以下略
これでニナちゃんもフリーな位置からセルゲイにアタックできるわけですか。
よかったねぇ。
Mezame
 
 
 
さて、9月からの半年、楽しませてもらいました。
いい意味で予想を裏切る展開に次ぐ展開。
テンションも落ちることなくラストまできっちり描ききったスタッフの皆さんに感謝を。
秋からの次回作、あるといいなぁ。
 
 
Nakayoshi

| | コメント (0)

今週の舞-乙HiME(第25話)「蒼天の乙女」

それでは、今週の舞-乙HiME(第25話)「蒼天のオトメ」の感想など。
最終回は最終回で書くんですがね。

ラス前の話なんですが、冒頭付近は作画がイマイチなのが惜しいところ。
その他はストーリー二転、三転でラス前にふさわしい仕上がりでした。

話は詰めこめられているけど、決して急ぎすぎていることもなかったですし。
まぁ、舞衣にとっては気の毒でしたが(笑)。

今回はタイトルどおり、アリカが真の蒼天の青玉の真の力に目覚める話。
先代であるアリカの母、レナからでなければ、その力を引き継ぐことができない・・・。

当初、ジャミング解除のため、潜砂空母とハルカたちオトメをおとりにして、レジスタンスと五柱の面々がガルデローベを奪還。ナツキと真祖をムリヤリ接続してマテリアライズに成功、城のワルキューレシステムを破壊すべくシルバーカートリッジを放つのですが、城からの砲撃に相殺され、ついでに衝撃でまた解除(笑)
順序は前後しますが、スレイブを大量に繰り出され、ピンチに陥る解放軍(条約機構)側。そこに黒い谷ごと現れたアリカ、そして舞衣(出番があって良かったねぇ)。

すべて解放側の先手を取り余裕のナギ、「いいねぇ、これぞ戦争だよ」ってあんたどっかのSS少佐ですか。
さらにジャミングを強化し、アリカを含め敵味方のマイスターGEMを無効化、世界中のオトメを一掃しようと図りますが、アスワド乱入。

アリカはマスターであるマシロと直接触れ合うことで、ジャミングを無効化しマテリアライズ。
Akusyu
 
 
 
 
障害(笑)を排除しワルキューレシステムの前へ。アリカは母へ、オトメになったことを報告・・・。
思わず泣けるシーンでした。
しかし、皆を解放するためには、ワルキューレの真祖となってしまったレナの遺体を破壊しなければならない。
マシロはアリカを気遣い、破壊を命令という形で行わせようとしますが、アリカは自分で考えて、決めたことだから、と。
それが最後の母子の触れ合い。そして爆煙のあとには、青いローブを着たアリカ。
Arika_houkokuArika_atackHouyouBlueblue

 
 
 
 
アリカとワルキューレコアのジャミングから解除されたオトメたちの前に迫る、ニナのハルモニウムの渦。
というところで以下次週。じゃない次回。

というわけで、今週のトモエ様。ラストだしね。
Tomoe_sadTomoe_uruCrush
 
 
 
Tomoe_arikaFalldownTomoe_deadTomoe_phenix
 
 
 
 
しかし、しぶとい(笑)。

| | コメント (0)

2006/03/26

今週の牙狼-GARO-第24話「少女」

それでは、今週の牙狼-GARO-第24話「少女」の感想などを。
とはいっても、GAROの感想書くの初めてなんですけどね。とりあえず・・・

「ラスボスはカオル」

いや正確には違うんですが。
ともあれ、先週までラスボスと見られていたバラゴ(京本政樹)を、一蹴・・・
どころか頭から喰ってしまうヒロイン(笑)。
そして、脚!、脚!、脚!
メシアとして復活を遂げようとするカオルを止めようとした、鋼牙と零を、殴るわ蹴るわ、ハイヒールで踏みつけるわの女王様っぷり。

肘井美佳もアクションが出来ることを忘れていましたよ。空手の有段者らしいですね。
何はともあれ、鋼牙も零も、変な趣味に目覚めてないといいんですが。

さてラスト、暴走するカオルを愛の力(笑)でなんとか止めた鋼牙。
カオルの「これから描きたかった絵」を胸に(伏線かな)、真魔界へ突入し、メシア本体に立ち向かってゆくのでした。

今回は生身アクション中心で、堪能できました。
本作品は、特撮なんですが、生身のアクションが秀逸で、ジョン・ウーなんかぜんぜん目じゃない感じ。
燃える展開、燃えるアクション。
いやホント、深夜にやるのがもったいない番組でしたが、のこりあと1話です。
来週は生で見ようかな。


最終回は轟天活躍しそうなんだけど、アクションフィギュア買い損ねたみたいです・・・。
どこへ行っても(通販予約ですが)売り切れ。
こりゃ発売日に店頭襲撃しないとダメかなぁ。

----------------------------------------------------------
それはそうと、昨夜友達とカラオケに行ってきたんですが、ありましたよ「牙狼~SAVIOR IN THE DARK~」。
燃える歌なんですが音程高すぎ。大変でした。
ベンダーにもよりますが、アーティストが出演するバージョンがいいかも。
歌いきるとJAM Projectの方々からコメントがもらえます(内容は秘密)。

| | コメント (2)

2006/03/24

今週の舞-乙HiME(第24話)「あなたのために・・・。」

それでは、舞-乙HiME(第24話)「あなたのために・・・。」の感想など・・・。

イロイロと深夜アニメっぽい展開でしたが、ええんかいなコレ。
いやまぁ、その、とりあえずニナちゃんよかったねと(<だからええんかいなコラ)。
nina_holdnina_kissnina_sleep
 
 
 
 
先週「どうせ未遂だろうから安心」とか書いてたけど、未遂じゃなかったっぽいし(笑)。
もっともそのあと大変なことになったわけですが。

ただ、無事にハルモニウムも使えるようですし、トモエの言う「抜け道」でも使ったんでしょうか。
ま、以前から「ゴムでもつけとけばええんでないかいな」と身も蓋もないことを考えてたんですが。
もしかしたらPSAとY染色体云々は、フェイクかもしれない可能性もあるんですが。
いや予告でニナ戦闘してなかったし、ローブ使えない可能性も・・・。
いやいややっぱり未遂かも・・・。
謎は深まるばかりでございます(笑)。

そいや、トモエに「親友を2人も殺した」って言われてましたが、エルスティンと誰だろう・・・。
アリカも吹き飛ばしたことになってるのかもしれないなぁ。

さて、ハルモニウムの力を見せまくり、アルタイ-ヴィント(ナギ)へ同盟するか、反抗するかの二者択一を各国に突きつけたナギ。、早速フロリンス、レムスなどは同盟を決定。

そして、命令とはいえ基地やら街やらを破壊しまくった罪の意識に苛まれ、エルスティンの遺書に止めを刺されて、セルゲイに救い(オトメからの解放)を求めるニナ。
セルゲイは、その後スミスを射殺し、ニナを救うためレナの遺体を収めたカプセル(ワルキューレシステム)とハルモニウムを破壊しようとしますが、ナギにアタマを吹き飛ばされて、瀕死の状態に(天罰?天誅?)。

スミスが撃ったことにして、セルゲイを救うためにハルモニウムを起動させ、ガルデローベの禁書庫に眠る技術を手に入れるるようニナに促すナギ。
悪すぎて良すぎですよ(笑)。
serugei_downnagi
 
 
 
 
そしてその足元で、ヴィント及びガルデローベ奪回に動くレジスタンスとナツキ、ナオ、イリーナ、そしてシズル。
ああ、やはりトモエは利用されて捨てられる運命なのですね(笑)。
sizuru0sizurumailregistance
 
 
 
 
アルタイ-ヴィント(ナギ)側艦隊と、エアリーズの超弩級潜砂空母が対峙し、今まさに戦端が開かんとするとき、特訓を終えたアリカとマシロは皆が笑って暮らせる国を取り戻すため、黒い谷からヴィントへ戻ることを決意。
arika_goarika
 
 
 
 
来週は最終回2本立て1時間スペシャル。さてどういう結末になるか楽しみです。

おまけ:逃避行の顛末(笑)。
motelkazukunakane
 
 
 
こちらはイロイロと未遂のご様子(笑)。 
あいや、もしかして新王候補ですかカズ君。

| | コメント (4)

2006/03/21

20,000Hit!

おかげさまで、12月18日の10,000Hit以来、3ヶ月ほどで20,000アクセスに到達いたしました。
(mixiではないので、相変わらず誰が踏んだかはわからないのが残念)
というか今はもう21,000超えてますか。

舞-乙HiME効果で、感想書いたあとの金~日で7割以上のヒット数。
今月いっぱいで、舞-乙HiMEも終わるので、4月以降は落ち着くことになるかな。
舞-乙HiME以降、また毎週感想書きたくなるようなアニメが春から始まれば、また違うんでしょうが。
・・・いまは秋から始まるHiMEシリーズ第3作を待ち望むだけです(あるといいなぁ)。

なにはともあれ、このよくわからないブログサイトにいらっしゃった皆様、ありがとうございました。
これからもよくわからなさを追求しつつ(するな)、更新に邁進してまいりますので、よろしくお引き立てのほどお願い申し上げます(←前記事のコピペ♪)。

| | コメント (2)

2006/03/17

今週の舞-乙HiME(第23話)「不思議の谷のアリカ」

それでは、舞-乙HiME(第23話)「不思議の谷のアリカ」の感想など。
今回はインターミッションというか、いくつかの伏線に一応けりをつける話でしたね。

先日の爆発で、時空の狭間にある黒い谷に落ちてきてしまったアリカ、マシロそしてミユ。
黒い谷は、以前の科学文明の中心地だったらしいですが、コレを時空の狭間に落としたのも、アスワドを呪われた民にしてしまったのも、十二王戦争で使われた、あのハルモニウムの力のようです。

いろいろあって、ミコトに一蹴されたアリカは、ハルモニウムを使うニナに対抗するため、猫神様(水晶の姫)であるミコトに師事することに。
マシロはマシロで、王家の血によらず王として立つために、ジパングの姫である舞衣に師事することに。
・・・ここはギアナ高地かい。

2人は、国を取り返し、ナギを止め、親友を救い、戦争を起こさせないために行動を開始。残りあと3話・・・
おわるんかい。

さて、ミコトはオトメの原型となった最後のHiMEで、ミユとともに設定は、前作から引き継がれたもののようですね。
HiMEarika_hikari
 
 
 
 
そしてアリカは、確かにレナの娘で、アリッサの血を引くもの。
マシロは替え玉で、真の王家の血を引くものはニナ。
・・・ひっぱったなぁ、おい。


絵的に派手なシーンはあまりありませんでしたが、面白カットを。
今日の晩御飯1号、2号
gohan0102
 
 
 
 
晩御飯零号
gohan_00
 
 
 
 
で、いつもは次回予告の内容までは紹介しないんですが・・・
問題のカット
elsnina_nuginina_nugi2
 
 
 
 
だからエルスティンは(以下略。
ニナのほうはまぁ未遂だろうから心配はしていない。
次回がこんなだと、残り2話に最後の闘いか集中しそうな・・・。
サンライズのお約束といえばそれまでか。

あとおまけの銭湯シーンいくつか。
mai_natsukimiyu
 
 
 
 

そいや。番組後、CMで出てきた時東あみって誰ー

| | コメント (1)

2006/03/15

市長選

再来週市長選で、公報と投票券が届いてました。
引っ越してきてまだ1年経ってないんで、なにが問題で何が争点になるのやらイマイチわからんのですが。
公報読んでも対立軸は、そんなに決定的なものでもなさそう。

誰に入れるかのんびり考えるとしますかね。

もっとも、官製談合撲滅のためには公務員の待遇を引き上げるべきだよなぁ、などといささか妙な考え持ってたりするので、各候補の公報のアピール見ても、やっぱりピンとこないんですよねぇ。

| | コメント (0)

2006/03/14

断じて認めない

今流行の大型スクーターは、あくまでスクーター(棒読み)であって、バイクの仲間とは認められない。
第一、乗り方(乗り手)が原付スクーター(棒読み)と大差ない。

ハーフキャップをアミダに被って、走行車両の左をフラフラすり抜け。足つくな足。
エンジンの位置や着座位置は低く、長いホイールベースで安定はいいはずなのに、一体どうやったらああもフラフラできるのか。
おまけにスピーカーを設置して、排気音以外の騒音をまき散らすに至っては、もはや原付以下と言っても差し支えはない。

大排気量車として扱ってほしいなら、それ相応の運転をしろっての。
同様に、1200CCとかの大型逆輸入車が渋滞すり抜けとか高速の路側帯突破とかやってるの見ると、あーあ、と幻滅するのは俺だけなんだろうか・・・。

以上、バイクを新潟の雪の下(いや車庫には入ってますが)において来て、バス通勤中のロートルの戯言でした。

| | コメント (0)

2006/03/13

読○新聞

さて昨日の日曜日、朝からぼーっとしてたら玄関のチャイムが。
とうとう集金につかまってしまいましたよ。
(いや別に逃げてたわけじゃないんですが)

ついでに4月以降の購読延長を申し込んであげたら、大量の景品を持ってきました。

トイレットペーパー12巻
ティッシュペーパー10箱
洗濯洗剤5.4kg
入浴剤3缶
ビール券6缶分3枚
P1000194s
 
 
(景品に八海山はついていません)

入浴剤がついたけど(いらんけど)、ビール券が去年より減ったな(去年は20缶分10枚)。
ちなみにペーパーとかティッシュとかまだ残ってたりして。

ちなみになぜ読売かというと、ただ単に最初に勧誘に来た新聞に決めようと思ってて、聖教と赤旗でない限り断るつもりがなかったため。
朝日でも断らなかったと思うけど、来たのが1週間後じゃね。
産経がまったく勧誘に来なかったのは残念。

読売読んでると、渡辺元会長に異様に気を使ってる記事とかあって中々面白いです。
バイアスを自分なりに修正して読むのもいいものですね。

| | コメント (6)

2006/03/12

初ETC、初首都高、初湾岸

というわけで、ETCカード作ってからはや数ヶ月、車載機つけるの面倒くさくて全然つかってなかったんですが、ふと思い立って着けてきました。
買ったのはコレ。売れ筋モノだけど、こんなのに個性出しても後々苦労するだけなので・・・。
P1000197s
 
 
 
取り付け場所は左足の上。クラッチ操作にも左ひざグリップ(笑)にも邪魔にならないところで確定。
アンテナ分離型なので、アンテナのみダッシュボード上にセット。
ちなみにアンテナ一体型の場合、本体もダッシュボード上にセットされるわけですが、ETCセットされてるのがモロバレなので、ガラス割られてカード抜かれちゃう危険性が、分離型より高いそうです。
P1000195sP1000196m
 
 
 
ということで、近場のICから湾岸に乗ってきましたよ。さすがに危ないので写真なし。

噂の大黒PAにでも行ってみようかとも思いましたが、なんかアタマ痛くなってきたので、会社近くのICを確認して帰宅。
これで休日は車で行けるな(行きたくないが)。

さて、最近車運転してなかったためか、長時間のドライブに耐えられない体になってる模様。
昔は4時間ノンストップで倉敷>豊前まで行ってたんだけどなぁ。歳かな(苦笑)。

で、使用感ですが、バーがすぱーんと上がるのは中々面白い。だから何?って言われるとそれまでですが。
あと、カード認識時に「認証しました」としゃべるのはいいんですが、車の電源オン、オフ時に毎度毎度「ぴるぴるぴるぴる・・・」とフェードアウト&トーンダウンする超お間抜けな電子効果音が・・・。
むっちゃイヤ過ぎ。つか笑えすぎ。

設計者は何考えてるんだかよくわからんですよ・・・。
田中圭一氏のファンだったらマジ笑えるんですが。
てか笑わせてどうするんだ設計者。

| | コメント (4)

2006/03/10

今週の舞-乙HiME(第22話)「ホロビノウタ」

それでは、今週の舞-乙HiME(第22話)「ホロビノウタ」の感想など。
またも絵のクオリティにちょっとバラツキがあり残念。

アオイは運良く助かっていた模様。
しかし、アオイが知っていた第4の歌詞のおかげで、ハルモニウムはニナ一人で起動できることに。アリカもマシロも晴れてお役御免です。ナギ的に。
harumonium
 
 
 
 
ハルモニウムは起動者の願い思うがまま、のようですが、ニナの心はお父様のもの。
空間転移して着いた先が、ワルキューレ部隊、アリカ、MIYUの戦闘の余波で重傷を負ったセルゲイが倒れてるところだったからたまらない。
セルゲイの負傷に逆上したニナと、それを抑えようとしたMIYUの激突で起きた爆発に、吹き飛ばされたアリカが目を醒まして見たものは・・・。
arika_mashirobakuhatu
 
 
 
 
てか、また爆発かよ(笑)。
アオイは助かっていて良かったなと思いつつも、先週のミミの死はなんだったんだーと突っ込み。

トモエ暴走。
tomoe
 
 
 
シズルを手中にし、ワルキューレの力をも得たトモエ様。狂気丸出しで素晴らしい演技でありますよ。これでもっと怒りの表情の絵がよければなぁ。
前作の静留のは怖かったが、今回のトモエ様はなんか笑えるやつばっかりで、敢えて不掲載。
 
4対1とはいえ、蒼天の青玉を凌駕するワルキューレのローブ。ただし命令に違反すると、電撃が来るらしいです。もっともこの先、電撃だけで済めば御の字な気が。

MIYUいろいろと発動。
アンチマテリアライザー起動メニューや、ソードのマテリアライズなど、舞-HiMEから引き継いでいてカッコ良かったですね。
あの鳥は、アリッサの遺伝情報を保持していて、それがアルテミス発動キーなんですね。
ただ、なぜアリカに肩入れしているのはは未だ謎。「あの方」とは?
miyumenu
 
 
 
 
さて、単体でワルキューレを一蹴できる戦闘力を持っているようですが、基本的に殺戮マシンなので、急所を外すのは下手みたいですね(笑)。
つかセルゲイ、いっそそこで死んでれば?と思った人挙手。


カルデア城壊滅。
midorirado
 
 
 
 
復讐のため、カルデアを襲撃するミドリ以下アスワドの四人衆。
フィアを斃してカルデア王を亡きものに。
他にもオトメが何人か死んでて、しかもアスワド側の損害ゼロ?
・・・ここでもアリカ要らないじゃないですか(笑)。

んで「この恨み晴らしたくば、星の世界で待つがいい」は意味深?な台詞。
何度も言いますが、エルスティンは復活させなくてもいいですからね・・・。

ラスト、命と舞衣がちょっとだけ出ました。来週の舞衣特製ラーメンが楽しみです。いや乳じゃなくて。

あと4話しかないんですが~。
めっきりいらない子状態の主従を何とかしてやってください。


リアルタイムで見て感想も書こうとしていたのに、ココログが落ちて翌日更新。おかげでちとやっつけ気味。
悲しい・・・。

おまけに、いつもTBいただいている方へのTB送信がぜんぜん上手くいかない。
成功率3割行きません。
TBお返しできない場合が多そうです。ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (40)

2006/03/07

見ないほうがイイよ♪

いらっしゃいま~せ~♪(懐かしいいいまわしだ)

mixiのアレックスの人さんのトコで引っかかっちゃいました。
見た人は全員参加らしいので、自己申告でヨロ。

ということでバトン開始~♪

→ルール
見た人は全員やる。
嘘つきは足跡に証拠が残っちゃうからダメ。
・・・mixiじゃない人は良心に従うこと<なんじゃそりゃ。

・今、どこに居る?
自宅

・今、一番近くに誰が居る?
ことりとさやか

・今、どんな服装?
風呂上りなのでパンツ一丁+Tシャツ

・今、何食べたい?
アイスクリーム

・今、何飲みたい?
芋焼酎

・今、真後ろには何がある?
SD真紅様

・今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?
えろいみずほ先生(のキット)

・今、誰に会いたい?
プリンス

・その人に今伝えたいことは?
いまどこ~?

・今一番歌いたい曲は?
sailing day

・今の体調は?
BMIが23を割りました。

・今どんな気持ち?
やったぁ!って感じよ♪

で、この罠に1番に引っかかるのは誰かなー?
雪風さんだったら
今週は香苗さんにガレキ童貞を奪ってもらおう、かな?

ではよろしく。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/03

今週の舞-乙HiME(第21話)「白き姫、目覚めるとき」

それでは、今週の舞-乙HiME 第21話「白き姫、目覚めるとき」の感想など。
冒頭ハルモニウムの中の命の影が、ニナを「紡ぎ手にして守り人」と呼びかけ。
その後ナギは、救出時の写真から、ニナをヴィントブルーム王家の後継者として判断したようです。
紡ぎ手が王家の者、守り人がオトメってことなんでしょうかね。
個人的には先週の前フリ(カプセル揺り籠)や子守唄の件があったとはいえ、唐突感が否めませんが。
まぁ、尺も詰まってるしね。

ところであの招き猫と寝起きの命はなんでしょうね。
mikoto01mikoto02
 
 
 
 
 
唐突に、紡ぎ手と守り人が手に入り、嬉々としてワルキューレ部隊に「あの子」を目覚めさせる、最後の唄を知るマシロの捕縛を命じるナギ。
こうなるとマシロの守り人であるアリカは、邪魔なだけ。

これまた嬉々としてアリカ(マシロ)の追討に向かうトモエ様。
シズルとの一夜?を思い出して頬を染めるところがかわいいんですが、一体何のプレイをやらかしたものやら。シズルも大満足らしいですが謎ですな(ということにしておこう)。
tomoeshizuru
 
 
 
 
 
トモエ様のワルキューレ志願のご褒美は、シズルの救出でしたが、チエのそれは大怪我で意識不明の誰かの看護らしいですね。
あー、そっちはともかくエルスティンは無理に起こさなくていいですからね。アレだけ何回も殺しておいて・・・。

ワルキューレはスレイブクリスタルを応用しているようで、裏切ると・・・。潜入して情報をエアリーズに送っているらしいチエ。トモエ様共々、先々心配。

さて、今週の退場者はミミさんでした。
流浪の果て、黒き谷に近づいた難民たち。ミドリたちが排除するまでもなく、ジャバルに襲われ逃げ惑うことに。
アオイを死に追いやった憎しみと、世話になったミミへの感情がせめぎあう間に、ミミが仲間を助けてジャバルに跳ね飛ばされるのを見て、マシロ種割れタイトルどおり覚醒。

アリカを認証して救助を命じ、さらに難民たちの保護をミドリに依頼するのですが断られ、やがて手当ての甲斐なくミミ死亡。
mimi_01mimi_02
 
 
 
 
ミミの死に涙し、難民たちの前で王の誓いを立てるマシロ。
王としてミドリと交渉し、将来ガルデローベの技術を引き渡すことと引き換えに難民たちの保護を依頼。ミドリは了承。
masiro_midori
 
 
 
 
アオイの死はともかく、ミミはここで殺す必要はあまりないのになぁ、とちょっと不満。
人の死で場を盛り上げるのは、常套ですが使いすぎは良くないですね。


アリカはいろいろ迷ったけど、エルスティンのことを思い出して、マシロのためにオトメの力を揮うことを誓います。
ラストスパートに向けて、漸く踏ん切りってところですか。
arikachikai01arika_chikai02
 
 
 
 

ラスト、裏切りのカルデアに報復するため、黒き谷を発つミドリとサイボーグ四人衆の隙を突き、黒き谷に迫るセルゲイとワルキューレ部隊。来週の対決が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (30)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »