« 帰還~今後の予定 | トップページ | 北九州へ »

2006/05/03

ガソリンを値下げせよ

石油連盟のホームページhttp://www.paj.gr.jp/html/paj_info/topics/2006/20060315.html

自動車を持っておらず、関係ないという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、会社の営業車や運送トラックは燃料を食います。
バスなど公共交通機関も軽油で走ります。
消防車や救急車やパトカーも。
いま、燃料にかかる税金が無関係な人は日本には殆どいません。

道路の緊急整備を名目に、ガソリン税、軽油引取税は暫定的に2倍近い税率になっています。
これらが本則(もとの税率)に戻るだけで、ガソリンは25円、軽油は17円の値下げとなります。
道路の整備が終われば、これを元に戻すことは暫定税率導入時の約束でした。
しかしいま、この約束が反故にされようとしています。
ドライバーはこれを信じて、これも道路建設のためと高い税負担に耐えてきたのに、です。

個人的には、一般財源化も環境税の導入も一概に否定されるべきとは考えませんが、それはあくまで約束どおり、本則に戻した後で議論し決めるべきものと考えます。

このようななし崩しを許せば、道路財源に限らず、せっかく余った財源が国民に還元されず、またおかしな事業に投入されるような事態になりかねません(なってるかも)。

ぜひご一読の上、よろしければご協力を。

|

« 帰還~今後の予定 | トップページ | 北九州へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰還~今後の予定 | トップページ | 北九州へ »