« ライスショック(その1) | トップページ | 偏頭痛再発 »

2007/10/18

ライスショック(その2)

第1集に引き続き、NHKスペシャル「ライスショック あなたの主食は誰が作る~危機に立つコメ産地」

やっぱこういう、「誰も見たくない現実」って奴を番組にして見せてくれるNHKは貴重だと思う。
国営放送じゃないから、国の政策に批判的な番組も作れる。スポンサーの顔色次第でしか製作できない民放に、公正さは期待できない。

詳しいあらすじはここを見てもらうとして、この番組を見たならば、まともな感覚を持つ人なら、自らの主食の行く末に不安を覚えることだろう。
(まぁ、そう作ってあるからだけど)

いま国が進めている小規模農家切捨て、大規模化政策が、たとえ出来たとしても、それだけでは消費量の減少、米価下落に対抗できないことを、(適当な例かどうかは置いておいて)国内屈指の規模を誇る大潟村の苦境が物語っている。

結局、農村を破壊し、里山を破壊し、持続可能な農地を潰し、田圃の治水能力を破壊するだけで終わるのではないかと感じました。どうもこのままで自給率が向上するとは、思えない。

前回も出てきた御用学者サンは、「コメは野菜と同じになった」とのたまっていたけど、この感覚はおかしいな。
自動車にたとえるなら、コメはガソリン、野菜は潤滑油といったところ(タンパク質とかは部材の原料ね)。
潤滑油はガソリンの代わりにはなり得ない。主食とはヒトを動かすエネルギーのことだから。

かといってもう一方の作家さんの、ノスタルジックな農村への考え方にも賛同しかねるところはあるんですがね。

ま、結論としては前回と同じで、日本人はもうちょっと(国産米使用のおにぎり1個でいいから)コメの消費量を増やして欲しいことと、価値のあるものに相応の敬意(お金)を払って欲しいってことになります。

安さを追い求めるのも結構ですが、その裏に隠された、大切ななにかを切り捨ててしまうことに、思いを致さねばならないと思いました。

|

« ライスショック(その1) | トップページ | 偏頭痛再発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/16792640

この記事へのトラックバック一覧です: ライスショック(その2):

» ◆無農薬水田・ハツシモの稲刈りが済んだ。再放送・NHKの「ライスショック あなたの主食は誰が作る」 [てらまち・ねっと]
 うちの稲刈りのことの前に、先日放送、再放送されたNHKスペシャル。  「ライスショック あなたの主食は誰が作る」 は、ほんとにショックだった。  日本固有の「農政・ノー政」の行き着く先がそこにもう見えている。        10月15日のブログ  21日(日)に、2本続きで再々放送するらしい。 ● 2007年10月21日(日) 午前10時〜 ※あなたのアンコールサンデー内  ライスショック あなたの主食は誰が作る   ◎ 第1回 世界がコシヒカリを作り始めた (初回放送 2007年10月... [続きを読む]

受信: 2007/10/20 11:12

« ライスショック(その1) | トップページ | 偏頭痛再発 »