« エースコンバット6、発送 | トップページ | エースコンバット6、到着 »

2007/11/01

レギュラー153円

ガソリン価格高騰についての怨嗟の声、ではまったくないのであしからず。

アレだね。あちこちブログや日記を見ると、高値への文句だったり石油会社への文句だったり。
笑えるのは、「5、6年前は今の半額だった、けしからん」って奴だね。

ま、「七都市物語(田中芳樹)」中のセリフを借りて言わせてもらえば

「あんたがたは、自由化にふさわしい利益(安値)を、すでに享受した。
今度は、市場化にふさわしい損失(高値)を、甘受する番だろう。」

ってところか。
当時の政府(つまり国民ね)の「石油は戦略商品じゃなく、市場商品に成り下がった」という判断に基づく政策により、価格は完全に自由化されている。
日本独自の原油開発は、行政改革の名の下に、ほとんどが事実上潰された。
アラビア石油が持っていたカフジ油田の権益も、当時の安価な原油価格から、国として維持する価値ナシとして、切り捨てられた。
日本国による資源開発への取り組みは、戦略的にはまったくなされていないといってもいい。
石油も、天然ガスも、ウランも、レアメタルも、メタンハイドレートも、なにもかも。

文句を言えるのは、安値のときに「こんなことがいつまでも続くはずがない」と警句を鳴らした人たちだけさ。

|

« エースコンバット6、発送 | トップページ | エースコンバット6、到着 »

コメント

同じことが食料でも起こりうるんだけど何も考えてない消費者が多いんだよなぁ。
すでにエタノールの煽りを受けて飼料用作物が値上がりしてたりもするしね。

投稿: プラパテ | 2007/11/03 09:01

頭の中が、原油価格10ドル/バーレルの時のままなんですよ、そういう消費者は。
あらゆる値段は下がるもの(下げられるもの)と信じて疑わない(苦笑)。

バイオエタノール用トウモロコシの作付け増で、大豆の作付けが食われて豆腐の値段にも波及しそうだそうですね。
今は安価なコメですが、農薬や燃料費や資材の高騰で、コメ農家は今にも増してに苦境に立つことになるでしょう。

大手スーパーでは小売価格に転嫁しないとか、消費者の味方のようなふりをしてるけど、生産や、流通の段階がその分を負担させられているだけ。
(だってそのスーパーで、リストラとか減給とかの話は聞かないし~)

いずれどこかで破綻するでしょうし、つけを払わせられるのは結局消費者なんですけどね。

投稿: 某少佐 | 2007/11/03 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/16944578

この記事へのトラックバック一覧です: レギュラー153円:

« エースコンバット6、発送 | トップページ | エースコンバット6、到着 »