« 続・これはいいな!!【アイマスMAD】 | トップページ | 信用収縮 »

2008/06/15

PV4 その4

いつまでもHDDの固定がビス1本で片持ちというのもアレなので、金曜日に二股のS-ATA用電源ソケットを買ってきました。
一緒に、普通のATA(Ultra-ATAだっけか)の、500GBも。
というのも、S-ATAだとなぜかPV4でPCI帯域足りないエラーが出るから。

んで、土曜夜から今朝にかけて、PV4マシンの改造?を実施。
まず、片持ち状態のHDDを、下段の3.5インチベイに固定し、買ってきたソケットを取り付けようとしたところで、トラブル(トホホ)発生。

あー、買ってきたS-ATA用電源ソケット挿すためのATA用電源端子に、物理的に空きがありませんでした(笑)。
前回、蓋閉める前にちゃんと見ておけよ俺。

他にもHDD取り付けるためのインチビスの短いのが品切れだったりで、過去の自作機のマザボの箱やらを捜索したところ、

・インチビス大量発見<整理しておけよ俺
・S-ATA用電源ソケット発見<意味無し(買う必要なかったよ)
・DDR4000 のCL3の1GB×2枚を発見<ラッキー、つかこんなん埋もれさせとくなよ俺
・・・今のPV4マシンは512MB×2枚なので換えよう。ハイニクス製なのが気にかかるけど。

と、変な収穫はありましたが、ATA用二股電源ソケットは発見できず。
しょうがなく、8年前くらいに組んだAthlon 1GHz(だったっけ?)の筐体内をあさったところ、ようやくATAの二股ソケットを発見し、かっぱぐ俺。
しかし物持ちいいなぁ。もう火を入れることはないと思うんだけどね。

そんなこんなで、夜が明けかかるあたりで、ようやくデータ用HDD換装(80GB>500GB)、メモリ換装(1GB>2GB)、S-ATA電源接続が終わり、バックアップからの書き戻しも終了。
HDD構成はこんな感じに・・・

システム:ATA 80GB
データ1:ATA 500GB
データ2:S-ATA 750GB
データ移動用:USB2.0 S-ATA 500GB

・・・このマシンには750GBのHDDはいらないような気がしたけど、まぁ気にしないことにして、PV4を起動、読み込みテスト。

D3とD4で、各解像度での、書き込みドライブ毎の取り込み結果はこんな感じ。

D3(1980x1080i,1600x1080i,1440x1080i/29.97fps)
D4(1280x720p/59.94fps)

・ATA 500GB(80GB)
 1980x1080i(×:CPU/HDD)、1600x1080i(○)、1280x720p(○)、1440x1080i(○)
・S-ATA 750GB
 1980x1080i(×:PCI)、1600x1080i(×:PCI)、1280x720p(×:PCI)、1440x1080i(○)
・USB2.0+S-ATA 500GB
 1980x1080i(×:PCI)、1600x1080i(×:PCI)、1280x720p(×:PCI)、1440x1080i(○)
 ※CPU/HDD:CPU速度またはHDD書き込み速度不足、PCI:PCI帯域不足

さすがにいまのマシンスペック(Pentium4 2.6GHz HT)では、D3フルの取り込みはムリだったようで。
PCI帯域不足で、S-ATAのHDDが実力発揮できないのはもったいないなぁ。

でも、今のメインマシン(3.01GHz HT)を新調予定なので、そしたらCPUを載せ換えてためしてみよう。

んでは、とりこんでTMPGEnc4.0XpressでH.264でエンコした動画でも。
TMPGEnc4.0Xpressで、H.264は最大画質がSD(720×480)止まりなのがアレですが、6/19にHD対応に無料リビジョンUPするそうで、楽しみですね。


そうそう、TMPGE4Xでエンコすると、zoomeでどうやっても再エンコされてトホホ画質だったんですが、エンコ後MP4Boxを通したら、OKになりました。
TMPGE4Xの吐くmp4ファイルは、どうも素性の悪い物だったようですな(苦笑)。

|

« 続・これはいいな!!【アイマスMAD】 | トップページ | 信用収縮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/41540824

この記事へのトラックバック一覧です: PV4 その4:

» 動画はお任せアレ [動画ハンター]
見つけたよ。この動画だよね? [続きを読む]

受信: 2008/06/17 16:48

« 続・これはいいな!!【アイマスMAD】 | トップページ | 信用収縮 »