« いいかんじ♪ | トップページ | L4U! DLCカタログ6月号 »

2008/06/20

TMPGEnc4.0XPress(PV4 その5)

TMPGEnc4.0XPressがバージョンアップし、H.264のエンコードが、今までのSD(最大720x480)からHD解像度対応になったので、早速ダウンロード。
zoomeで再エンコード回避するためには、H.264で最大ビットレートが音声込みで1500kbpsなので、その制限下での解像度と画質の検討を実施中。
見比べてみると、モニタの全画面(1280x1024)で見る分には、ムリに1280x720でエンコードするよりは、960x540くらいに抑えておいて、拡大したほうが軽いしきれいに見えるかも。
奥が深い・・・。

960x540

1280x720

|

« いいかんじ♪ | トップページ | L4U! DLCカタログ6月号 »

コメント

これからDLします。
エンコード道は冥府魔導ですねえ(苦笑)

投稿: 始源龍 | 2008/06/20 23:59

zoomeって行ったことがなかった(爆)
まあ制限が有った方が挑戦して技術が上がりますよね。
もっとも、その制限が取っ払われる時も来るのはお約束ですか。モデムからブロードバンドへの移行は量的に激変しましたし(苦笑)

投稿: 始源龍 | 2008/06/21 00:06

問題は、この2分ちょっとの動画のエンコードに、Pentium4 3.01GHz HTマシンで11分くらいかかってしまうところでしょうか。
クアッドコアマシンだと、どれくらい短縮されるのか、気になるところです。
せっかくなのでzoomeに投稿してみてくださいな(笑)。

TMPGが吐くmp4の素性が悪いと、mp4BOX通す必要があるかもしれませんが(苦労した・・・)。

投稿: 某少佐 | 2008/06/21 22:03

投稿可能なオリジナルソースって持ち合わせがないので(苦笑)
それは兎も角、同じソースから音声込み1500kbpsで複数のフォーマットで実験してみるかなあ。
WMV、DivX、MP4って所ですか。DivXは1280x1080に制限されちゃうけど。
エンコード時間、CPU使用率、デコード時のCPU使用率がチェック項目かな。
肝心の画質は…明白な差が出るだろうか?

投稿: 始源龍 | 2008/06/22 23:02

Q9300定格駆動+TMPGEnc 4.0 XPress最新版。
某R2のOPをH.264、Baseline、動画アスペクト比率16:9、2パス可変1400kbps、音声AACエンコーダ 48kHz 96kbpsでエンコード
1440x1080…5分25秒
960x540…3分33秒

という所でした、確かに960x540の方が荒れが目立たなくていいかも。
そして、このレートだと、WMVは絵が破綻する寸前だし、DivXはややマシですが粗くて辛い、エンコは重いけどH.264の勝利。

投稿: 始源龍 | 2008/06/25 00:22

レポートども~。
H.264はなかなかがんばる子ですね。
でもうちのマシンだと、1440x1080とかエンコード後でも多分まともに再生されない。
クアッドコアの勝利?

フレームレートは29.97fpsですかね。
うちでためしに1280x720pの元動画を、59.94fpsでエンコしたら、1400kbpsではブロックノイズだらけで見れたモンじゃありませんでした。

しかし1:30のアニメopで3分33秒かかりますか。
実時間以下というわけには、なかなかいかないんですかね?

投稿: 某少佐 | 2008/06/25 02:57

29.97fpsだったかと思います。
H.264/1440x1080なデータのVLCでの再生はCPU使用率25%程度かな?重いけど支障はないような。

元がSD解像度なら実時間で行くんでしょうけど…HDデータはやはり重いですな。

投稿: 始源龍 | 2008/06/26 01:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/41586899

この記事へのトラックバック一覧です: TMPGEnc4.0XPress(PV4 その5):

« いいかんじ♪ | トップページ | L4U! DLCカタログ6月号 »