« ザ・ベスト・オブ・大河ドラマ | トップページ | 弾丸帰省 »

2009/07/21

ツインタワー

Img_4165m
 
 
 
 
 
えー、この間PC組んだばかりなのですが・・・
同じ箱が2つもあるよ?

先日までメインマシンだった、爆音サブマシン(Prescott P4HT 2.0GHz)のケースだけを、この間新調したメインマシンと同じAntec Solo Blackに交換。
ホントは色違いにしたかったんだけど、即納なのがAmazonの黒しかなくて仕方なく。
T-Zoneとか、注文・確認・発注で2~3日かかっちゃうしねぇ。

というのも、新調したメインマシンのハング癖がいろいろやっても直らないため、抜本的に対策しなければならないのですが、その間メインマシンが使えなくなるのが痛い。
特にTVは、視聴も録画もメインマシンのPT1で実施しているため、仕方なくサブマシン(過去のメインマシン)をアップデートし、予備機のPT1_rev.Bを挿して、一部の録画などを代替することにした次第。録画再生機が爆音だといろいろ差し障りがあるもので。

移植自体は特に問題なし。MBの形式が古いので、AGPスロット以下は全部PCIなので、なんか新鮮でした。
ここに、Matrox Parheliaと、PT1_rev.B、そしてこのMBはSATAが2口しかないので、昔買って使ってなかったSATAカードをセットし、録画用のHDDを追加。
Img_4167m
 
 
 
 
 
もう少し新しい目のMBも持っているのですが、試しに交換してみたらそのままでは立ち上がらなかったので(再OSインストール必要か…)、面倒なので古いまま。
そして、メモリをこの間リプレスした旧マシンと統合したら、無駄に4GB(DDR400)にもなりました。

旧スペックの割に、電源は鎌力の650W積んでいました。一体何を動かすつもりだったんだ過去の俺。

また、グリス塗りなおそうかと思ってCPUファンを外したら、CPUがそのままくっついてきてびびり入りました。ロックバーはもちろん外れてない。まっすぐ抜けててよかった(苦笑)。
Img_4181m
 
 
 
 
 
さて、セットアップ後は特に問題なく立ち上がりましたが(基本、ケースしか変えてないんだから当たり前)、さすがにAGPのParheliaとP4HTではスペックが苦しい。
TvTestの2番組以上の同時表示はカクカクですねー(意味ないからいいんですが)。
ただ、古いGBではありますが、素で1600x1200の32bitカラーがツインディスプレイで表示できたりして、さすがは腐ってもMatroxだなと。

RecTestの録画のみにした場合では、3番組同時録画までは何とか可能か。ただ、ちょっとエラーとドロップが出てきます。また週末のWOWOWのインディジョーンズとかのHD映画放送だと、1番組でもエラー・ドロップがかなり多くなりますが、いずれも再生ソフトの補正でなんとかなるレベル。
とはいえ、メインマシンの録画予約を完全に移行するのは難しい感じ。
Errordrop
 
 
 
 
 
 

Windows7が出るまでは何もしない予定だったのですが、近々で中身も新しくしたくなる悪寒・・・メモリの転用ができればなぁ(<古杉)。

|

« ザ・ベスト・オブ・大河ドラマ | トップページ | 弾丸帰省 »

コメント

乙カレー。
確かにドロップが多いですな。
私ももう一台組みたい、万が一って事がありますからね。

投稿: 始源龍 | 2009/07/22 07:16

wowowの映画以外ではほとんどドロップ出ない感じ。
コレで他のU局で再放映されないものだけでもバックアップしておけば安心。
コミケも安心して行けますよw

投稿: 某少佐 | 2009/07/24 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/45703175

この記事へのトラックバック一覧です: ツインタワー:

« ザ・ベスト・オブ・大河ドラマ | トップページ | 弾丸帰省 »