« 例によって産経以外はガン無視なわけですが | トップページ | おわびのしるし »

2009/08/30

予言めいたことを。

民主政権がほぼ確実な情勢
周囲では、カンフル剤でなんとか保たせている景気の底割れが懸念さてたりなかったり。

早々に景気が底割れして日本経済沈没、との意見もありますが、俺はそれには与しません。
かといって、民主党政権でみんなバラ色という意見にも与しません。

マスコミの報道においては、現在(過去)までとは逆のことがおきます。
与党が行ってきた景気対策の不の面を強調し、効果を過小に見積もっていたマスコミの報道が、一転して民主党政策の明るい面の強調と、効果の過大見積もりに転じると予想されるからです。

あれだけ無理やりな報道で首相の言動と実績を貶めて、誕生させた民主党政権ですからね。
マスコミも、出来てハイさよならということもないでしょう。

よって、マスコミ御謹製の、民主党政策の陽の側面だけ見た個人投資家が、株やら債権やら不動産やらに、じゃぶじゃぶ投資してくれるでしょう。
景気はよくなりますとも。自民党の政策で景気回復しては困るから、ネガティブな面だけ強調して報道してたのが逆になるわけだから。

というわけで、起きるのは「実態経済の裏づけのない景気拡大」ということになります。
すなわちバブル再来。
なんとめでたい。

資産のある人は、うまく売り抜けて大もうけですよ。
バブルに乗れない貧乏人は、なんとか余慶にあずかれるよう、今からがんばらないといけません(笑)。


いずれバブルがはじけたときに、日本国民の持つ個人金融資産1400兆円が、無事だといいですね。
本当にそう思います。

|

« 例によって産経以外はガン無視なわけですが | トップページ | おわびのしるし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73498/46072920

この記事へのトラックバック一覧です: 予言めいたことを。:

« 例によって産経以外はガン無視なわけですが | トップページ | おわびのしるし »