« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/30

試走(自宅~八景島往復)

8月1日の納車直後に落車転倒をしでかして、血塗れになった我がBROMPTON。
よく考えたら試走もろくにできてません(苦笑)。

現在、顔の傷は、若干しみが残っている程度に回復。
手首はまだ曲げてひねると痛みが出る状況ですが、コミケの時にデパートの薬局で買ったバンテリンの中二病っぽい黒サポーター(笑)のおかげか、大分落ち着いてまいりました。

やっぱ、不慮の事態に備えねばならんだろうということで、物理的防御手段としてヘルメットとグローブを用意。
経済的な防御手段としては、自動車保険に個人賠償責任特約(月90円w)をつけて無制限に確保w
自分の怪我は、傷害保険でカバーということで。

Img_4876m Img_4880m

後付パーツとしては、スピードメータを装着。これがあるなしではペース管理とモチベーションが違うのでw
ボトルホルダーを買おうと思ったんですが、気に入ったのが品切れで手に入らない・・・

つーことで、手首はまだ痛みが残ってはいるものの、一月も経ったし、安静にしててもこれ以上治らない気がしてきたので、リハビリがてらに走ってみることに。

目的地は、昨夜花火が上がっていた八景島。ルート検索してみたら、結構手ごろな場所にあるんですな。急な坂も、ウチの近所以外はない(笑)。

実際走ってみても、歩道はそこそこ整備されてて、人もほとんど歩いていないので気楽。
車道も、路側帯に余裕があり、店もないので駐車車両も少なくていい感じ。
車道の西側には、幸浦から杉田付近まで、自転車道が整備されてて、人も車もいないので、のんびり走れます(ガンガン行く人は車道にどうぞw)。

んで、遊園地のある八景島自体には上がらず、付近の護岸を回って景色を見て帰宅。
往復で約20km。新車の試走とリハビリにはちょうど良い感じでした。

P1010342m Img_0623m

来週も、手首の具合しだいでどこか行こうかな。
今日みたいに海へ出た後、今度は北側に行ってみるとか、もしくは山側から金沢文庫を、回って八景島のほうに出てみるとか。
でもその前にドリンクホルダーを用意したいところ。

そして、部屋に帰ってきてウェットティッシュで汚れをふき取ってたら、ところどころ赤い染みが。この間の怪我の血糊がまだ残ってるようですw
警察に捕まったら、問答無用で自転車轢き逃げ犯にされそうな勢い。
もう少し念入りに清掃しないとな(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/12

後遺症

というほど、ひどいものでもないのですが。

先日の落車転倒よりはや10日、顔の傷はほとんど治りました。
昨日医者に見せてきましたが、もう処置は不要ということで。

顎、口の下、頬骨の上と、それぞれ挫滅創、裂傷、擦過傷が、真皮に至るまでのひどい有様だったのですが、跡も注意してみないとわからないくらいにはなりそうです。
両手甲の擦り傷も同様に。

なにより、痛みも痒みも瘡蓋もできずに、1週間ちょっとで治ったのはびっくり。
最近の主流の、湿潤療法の効果は恐るべきものがありますな。
最初に行った病院での処置に感謝。

昔は、傷口は消毒してパウダーやガーゼで覆い、滲出してくる液を吸い取ったり乾かしたりするのが主流でしたが、それだと皮膚細胞は傷口の周りからしか再生せず、瘡蓋ができて痒くなったり、跡が残りやすかったりしたわけです。

湿潤療法は、水道水で傷口を良く洗って異物を流し、ほとんど消毒せずに、シート状のドレッシング材で覆って滲出液を傷口に保持するわけですが、成長修復因子を持つ滲出液の効果で、あっという間に傷口全体に皮膚細胞が再生して成長し、傷の治りが早いのだとか。

自分の体で実感しましたよ。
もっとも、もう実感したくないですが。

欠点もあって、傷口を良く洗わないと、化膿したり異物が皮膚内に残ってしまったり、深い傷だと奥に嫌気性菌が増殖しやすかったり、なにより皮膚が一応再生するまでは、滲出液がドクドク出まくって、一見不潔そうに見えるってところでしょうか。

滲出液自体は無色透明でにおいもほとんどないんですが、皮膚常在菌で発酵すると、黄色くなって干物みたいなにおいがしてくるんですよねw

あと、表題の後遺症。

いま痛いのは、右の手のひらの筋肉と、両手首。
整形外科の先生によると、骨も筋も異常ないとのことなので、軟骨の痛みと、筋繊維がいくらか断裂したんだろうとのこと。

これが結構不便でして、例えば炭酸飲料のペットボトルのスクリューキャップが開けられない、尻ポケットから財布をつまみ出せない、箸を動かすときもちょっと痛いという感じで、こちらはあまりよくなっていません。

まぁ、あと1週間くらいで痛みは引いてくるだろうとのことですが、左手はともかく、右手は常時使わざるを得ないので、治りにくい気がしますなー。

今後の安全のために、保護具を用意しないとね。

今回は頭を打たなかったから良かったものの、安全帽は必要ですね。
かぶってみないと頭に合うかどうかわからないから、常時在庫がある店に行って見ないとなぁ。
あとはグローブしてれば、手の甲の傷は無くて済んだはずだから、これも買わないと。

そうそう、ひざも擦り剥いてたんですが、自転車の人が毛をそる理由が良くわかりましたよw痛えwww

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010/08/11

夏季休暇偏頭痛

今日から一週間夏休み。
まぁ、メインは金曜からのまんが祭りなわけですが。

というわけで、ストレスから解放されて気が抜けたのか、偏頭痛の前兆が現在真っ盛り。

ナロンエース飲んで寝るよ。

あと、この夏は出し物ありません。
落車転倒のせいで、手の作業が不便極まりなし。

どれくらいかというと、炭酸飲料のペットボトルのスクリューキャップが回せなかったり、尻ポケットから財布を出すのに死ぬ思いをしたりってな感じ。
箸で物をつかむのにも一苦労。

着替えも写真もできませんわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

判断に困る偏頭痛

日曜に落車して、顔面を怪我したあと病院にいったわけですが、CTでは一応異常なし。骨も折れてなかったし、一安心。

ただ、衝撃から数日以上経って脳内出血する場合もないではないので、ちょっと注意しておいてね、と言われてて、そして当日からちょっとばかり頭痛気味。

偏頭痛持ち暦が長いせいか、痛さの感覚が鈍ってるのかもしれないんですけどね(苦笑)。

それはそうと、このまま頭痛が続くもしくは激しくなるようだったら、脳神経外科に行ってみてもらおうと思ってたんですが、先ほど頭痛は消滅・・・

やれやれと思っていたら、たった今偏頭痛の前兆現象が~。

これじゃ、異常なのかいつもの偏頭痛なのか良くわからないではないですか(まぁどっちも血管の異常なんでしょうけどね)。

明日、午前半休とって、傷の手当に行く予定なのですが、そこには脳外科ないので、他の病院に行くかどうか、ちょっと迷うなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/03

The Bloody(血塗れ)BROMPTON

  ホントなら一昨日に書いてるはずの記事だったんですがねw

仲間内で大絶賛感染拡大中の自転車ブームですが、遅ればせながら俺も参戦。
まぁ、ジャイアントのMTBがあるにはあるんですが、平地を走るには重過ぎるw

ロードバイクもいいけど、買ったのはブロンプトン。
ええ、畳んだ状態に惚れましたw

今住んでるところは、大岡川の流域を上大岡>横浜に抜ける道以外は、すべて山登りが必要という場所なので、6速のM6にすることに。そしてできればキャリア付きのRタイプが欲しい。

そういうわけで、先週火曜日にショップに行ってみたんですが、M6は在庫がないとのこと。そして、入手難からキャリアつきRタイプは販売していない、と。残念。

・・・しょうがないのでいろいろと試乗してみることに。炎天下小一時間も、山下公園を走り回った結果、タイレルのFXがかなりいいのでそちらに靡きかけたんですが、やっぱ畳んだ状態がカッコいいので、M6Lに決定。

運のいいことに、いつも品切れのキャリアがちょうど入荷したてだったので、それをつけて念願のM6R仕様で発注。

一昨日日曜日にめでたく納車となりました~♪

しかしめでたいのはここまで。
夕方からショップ周辺が花火大会で混むということで、昼下がりに取りに行ったのと、自宅までの10kmを試走代わりに走ってみるかと考えたこととがけちのつけ始め?

結局半ばも走らないうちに、落車・転倒の憂き目に(苦笑)。

まぁ、単純ミスなんですが、駐車車両があったので、車道から一旦歩道に上がろうと、3センチくらいの段差を斜めに上がろうとしたら上がらず、体の下から自転車が消滅(笑)。そのままアスファルトにダイブする羽目に。そう、小径車はギャップには要注意だったのを忘れていたことによるミス。

顎から頬骨にかけて、裂傷、擦過傷、挫滅創のオンパレード。おまけに突いた両手首は筋が延びて痛いわ、顔面からの大量出血wでシャツ二枚とカーゴパンツが血塗れw

自転車本体にも、血痕がそこここにwww
損傷は、左ペダルと左ブレーキレバーのはじっこが、少し削れたくらいで、大したことはなしでよかったです。
人の怪我はほっときゃ治りますが、バイクの怪我は治りませんからねー(汗

さて、出血自体はすぐに落ち着いたんですが、このまま帰ると強盗殺人犯が返り血を浴びて逃走中状態に見えてしまうこと夥しいので、木陰で休憩してたタクシーの運ちゃんを捕まえて、自宅に帰還。

こういうときフォールディングは便利で、畳んでトランクに詰めてしまえばラクチン解決。
現場に置いといて後で取りに来るというのも大変ですからね。

でもって、そのあとの顛末は、別記事にする予定です。
グロ注意?

Img_4861m_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »