« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/03/12

マグニチュード8.8

東北地方太平洋沖地震。
まずは、被災された方にお見舞いを申し上げます。

さて、地震時は当然会社だったわけで、ちょっとした揺れのあとに緊急地震速報が発報。
やれやれまた発信遅れかと思ってたら本震が。

横浜は最大震度5程度ですが、震源からの距離が遠かったので揺れが長かった。

やってた試験はすべて停止。それ以外は大きな被害もなく。
ただ、工場内の運河が押し寄せた津波のせいで、水位が2mくらい上下して、底が見えたかと思ったら、堤防を乗り越えるかと思うほど上がるし、流れは早いし。

というわけで、残務もそこそこに、夕方解散命令が発令。
しかし電車は動いておらず、帰宅難民大発生。

たまたま今日はクルマで出社していたので、自分のアシはなんとかなったんですが、同僚を大船駅まで送ることにし、18時過ぎに退社。

渋滞はガソリンを食うので、あらかじめ補給しておこうといつものスタンドに入ったら、結構混んでた上にトイレも大混雑。

道路わきの歩道は、帰宅者であふれ返り、車道は車で大渋滞。
大船まで約3時間、そこから食事を摂って家に着いたら23時近くになってました。

うちの前の道路、2時を過ぎましたが、まだ渋滞してます。

新潟の実家は、これも震度5くらい揺れたようですが、無事とのこと。

TVで見る限り、地震はともかく津波の威力がものすごい。
夜が明けたらさらに被害が明らかになりそう。
余震は、元の地震の規模が大きかったので、M7クラスがまだまだ続きそう。

せめて被害が少しでもすくなからんことを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/09

意思の行方は

石違い。
・・・というわけで、絶賛結石中な今日この頃です。

クスリを飲み続けて2週間以上、先週土曜日に医者に行ってきたんですが・・・

まだ石が落ちてきてないようです(号泣)。

用足しのたびに、チェックしてても未だに出てないですし、
検査したら、まだ尿に赤血球が出ているようで。
レントゲンでは骨盤あたりに重なっているのか写らないんですがね。

もっとも、感じ的には、大分下まで降りてきてるような気がしてます。
詰まって痛むことも、なくなってますし。

あとはもっとビール、^h^h^hもとい水分を飲んで運動することくらいしか。
クスリは1か月分、次の通院は来月です。

長期戦になりそうだなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/07

つうきん!

この土曜、いつもの本牧市民公園まで足慣らしをしたついでに、山下公園まで足を伸ばしたのですが、この際ということで、もうちょっと足を伸ばして現在の勤務先まで行ってみることに。

車で通ったことのある道なので、特に迷わず到着。
・・・してみると、駐車場に上司の車があって、どうやら休日出勤のご様子。

IDカードで建物には入りましたが仕事部屋には入らずに、トイレに寄って、社内なのでちょっと安い自動販売機でドリンクを買って退散(笑)。

距離は23kmくらいありましたが、本牧や山下方面に遠回りせず、桜木町のほうへまっすぐ抜ければ16kmくらいかな。
十分通勤圏なような気がしてきたw

会社にはロッカーもシャワー(風呂)もあるしね(笑)。

もっとも、二十ウン万のロードで通勤するのは、ちとアレだったりしますね。
そのときは通勤仕様を1台用意するやもしれず。

さて、帰りはせっかくなので赤レンガとか写真撮って帰ろうと思ったんですが、出掛けに電池換えてきたのに、電源入れたら残量ほとんどなし。撮れたのはこれだけ。

P1010367m

みなとみらいに係留されてる日本丸。
やっは帆船は綺麗ですね。
大和とか戦艦は後姿がイイですが、帆船は斜め前方からがいい感じ。

直線と懸垂線の組み合わせが美しい。
コレに比べると直線ばかりのアレ、高いばかりでなんとも美を感じないのは俺だけかなー。

それはさておき。

そういえば鎌倉では観光客用に人力車が走り回っていましたが、山下公園周り(中華街とかも?)では、ベロタクシー(屋根つきの自転車タクシー)が走ってました。その一台が、こんな感じ。

007m

ISの痛ベロ・・・
というよりは、アドタクシーでした。

とはいえ、山下公園周りの一般リア充の皆さんに、どれだけアピールできるのやら、よくわかりませんが。

本日の走行距離は50kmくらいだったんですが、帰り道の途中から、右の膝の裏、上下に違和感。
家に着いて歩くときも、若干の痛みを伴う・・・

走りすぎ、ということはないと思いますが、大事をとって日曜は走らず様子見。単なる筋肉痛とかだといいんですが。

やっぱ、走り出す前にストレッチは必要ですかね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »